早漏とは

感覚が過敏でコントロールできない状態

コントロールが苦手であり、本人が望む以前に射精してしまう状態の事を一般的に早漏と呼びます。

具体的な数値では、挿入時に即~30秒以内だったり、数回のピストン運動で射精してしまうように極端な場合を指しますが、10分以内でも早漏と思われる場合もあります。

性行為の目的が快楽にある以上、早漏は、時間的な長さよりも、そうしたお互いの感覚も関係しているのかもしれません。

早漏の原因は人それぞれですが、感覚が過敏な為に起こりやすい場合が大半です。また、過敏になる原因には、脳内の興奮状態が関係しています。

早漏の場合、自律神経(交感神経と副交感神経)は、交感神経が優位になりやすく興奮を抑える事ができず思わず射精してしまいます。副交感神経が優位に働いていれば、脳内はリラックスの状態にある為、射精を抑える事ができます。

このように、どちらの神経が優位になりやすいかによって、早漏かどうかが決まってくるのですが、それらの優位性は、興奮しやすい状態かどうかが関係し、その原因として、経験不足なども関係しているかもしれません。

元々は男性がオーガズムに達する前に射精してしまう事やその体質のことを早漏と呼んだそうですが、今ではそうした言い方が使われることはないとも書かれていました。

しかし、自分が早漏であるという認識を持っている男性のイメージする早漏は、挿入後すぐに射精してしまう、もしくは、数回ピストン運動を繰り返しただけで射精してしまうような状態だと思います。

リドスプレーの使用目的を踏まえても、性行為が長く続くことでの満足感を得たいという気持ちやパートナーである女性から好意的に思われたという気持ちがあると思います。そうすると、その反対側にあるのは、挿入後間もなく射精してしまう状態なので、実用的な意味として当てはまると思います。

女性から聞いた話などを参考にしてみると、中には、挿入以前のオーラルの段階で射精してしまう場合も有るようですが、オーラルで耐えられるようになりたいからとリドスプレーを必要とする人は、あまり多くないかもしれません。

では、具体的になぜ早漏が起こるのか?

早漏の原因の多くは、心因性のものと言われています。
つまり精神的なバランスが関係して引き起こされているというもので、その精神的なものというのは脳内の興奮状態です。

緊張状態をつかさどる交感神経の働きが強くなると、脳内は、興奮している状態なので射精しやすくなります。早漏の人は、交感神経の働きが優位になりやすくそれが早漏を招くのです。

反対に副交感神経が優位になっていると脳内はリラックスしている状態なので、射精が引き起こされにくくなります。

なので、常にリラックスを心がけることで早漏も少しずつでも改善していくことも可能ですが、興奮が有ってこそ意義を成す性行為でリラックスしていては、勃つものも勃たないなんてことにもなり兼ねません。それでは本末転倒です。

リドスプレーを活用すれば、射精のスイッチとなる陰茎の直接的な刺激を抑えることが出来るので、興奮状態を維持したまま性行為を長く続けることも可能となります。