リドカインとは

局所麻酔剤リドカインの概要

リドカイン(Lidocain)は、局所麻酔薬として世界で最も多く使用されているものです。抗不整脈剤としての働きや1部の神経痛や手足のしびれなどの症状の緩和にも有効性が確認されています。

本剤の歴史は古く、1943年にスウェーデンの化学者ニルス・ロフグレンとベングト・ルンドベリが開発し、1948年に販売されています。

局所麻酔薬の中には最も強いテトラカインというものがあり、麻酔効果では若干劣るものの、その分毒性が良く十分な薬効を持っていることで使用されるケースが増えているとのことです。

もしくは、テトラカインと混合して併用するという方法も用いられます。

リドカインは、局所麻酔剤として、0.5%、1.0%、そして、2.0%の製材が市販され複数の麻酔治療法に用いられています。

世界的に広く使用されている局所麻酔剤

リドスプレーの成分は、リドカイン(Lidocain)であり、世界で最も多く使用されている局所麻酔剤です。尚、麻酔薬としては、「キシロカイン(Xylocaine)」という名称がありますが、これは、アストラゼネカの商品名であり、成分名は『リドカイン』です。

局所麻酔作用の最も強いテトラカインより作用の強さや作用頻度では劣るものの、テトラカインよりも毒性が弱いものの十分な働きを期待できる事から一般的に使用されているようです。

医療の場面においては、リドカインとテトラカイン混合し毒性と薬効のバランスを考慮した上で使用する事もあるようです。

薬理作用は、ナトリウムチャネルに結合する性質を応用したナトリウムイオン透過を阻害する事での神経伝達遮断です。この働きを陰茎表面塗布という活用法によりの感度を鈍らせ、性交中の刺激を抑制する事が可能となりました。

尚、塗布量には個人差があり、適量を見つけていく事が必要となりますが、あまり効果を感じないからといって、むやみにかけすぎるのは控えるべきです。

いずれにしろ、個人輸入での入手となる為、自己責任で適量を見つけるようにして下さい。